スカウトメールの例文

Kaiketsuのダイレクトリクルーティング

【そのまま使える】スカウトメールの職種別例文と返信率アップのコツ

 

スカウトメールの配信は多くの企業で行われていますが、返信率が低く頭を悩ませている担当者の方も少なくありません。

実は、ちょっとしたコツを取り入れるだけで、返信率アップに繋がります

この記事では、職種別にスカウトメールの作成ポイントを踏まえて文例を掲載、送付タイミングまで返信率を上げるコツや、スカウトを行えるおすすめのダイレクトリクルーティングサービスを紹介します。

スカウトメールの例文もご紹介しておりますので、ぜひ最後までお読みください

スカウトメールの作成、大変ではないですか?

会社では物理的に時間が取れず、家で作成なんてことも…

Kaiketsuでは、スカウトメールの運用代行が可能です。

オファー承諾率は、業界平均7%→17%に改善も!

詳しくは、以下からご相談ください。

Kaiketsuの無料相談

目次

ダイレクトリクルーティングとは?

ダイレクトリクルーティングとは?

ダイレクトリクルーティングは、企業が直接候補者にアプローチする採用手法です。

従来の求人広告を出して応募を待つ方式とは異なり、企業が自ら積極的に優秀な人材を探し出し、アプローチします。

これにより、一般的な応募プロセスでは見逃されがちな潜在的な優秀人材を確保することが可能です。

特に、エンジニアのような専門スキルが求められる職種では、ダイレクトリクルーティングは効果を発揮します。

スカウトとは?

スカウトとは?

スカウトとは、企業が特定の候補者に対して直接的に接触を試みる採用手法の一つです

サービスに登録している人材のプロフィールを見て、スカウトのメールを送れます。

スカウトメールを通じて、候補者に対して企業の魅力やポジションの詳細を伝え、興味を引くことを目指します。

スカウトメールの2種類

スカウトメールの2種類

スカウトメールの種類について解説します。

  • 1.ダイレクトリクルーティングサービス
  • 2.人材サービスのスカウトメール

スカウトメールは、主に2種類存在します。

2つの違いをチェックしておきましょう。

ダイレクトリクルーティングサービス

ダイレクトリクルーティングは、企業が特定の候補者に対して個別にメールを送る手法です。

スカウトを前提としているサービスのため、条件を細かく設定できるものが多いのが特徴といえます。

個別にカスタマイズされたメッセージを送れるため、自社が採用したい人材に焦点を当ててスカウトが可能です。

人材サービスのスカウトメール

人材サービスのスカウトメールは、複数の候補者に一斉にメールを送る手法です。

広告媒体内で求職者の年齢や経験職種を絞り、採用ターゲットごとに文面を変更して送れます。

ダイレクトリクルーティングと比べ、広範囲にアプローチできる反面、パーソナライズ度は低くなる傾向があります。

スカウトが注目される理由

スカウトが注目される理由

本章では、スカウトが注目される2つの理由を解説します。

1.潜在層へのアプローチができる

2.知名度に左右されにくい

スカウトが注目される理由は、その高い効果と多様なメリットにあります。

1.潜在層へのアプローチができる

従来の採用手法では出会えない、潜在的な優秀人材に直接アプローチすることが可能です。

特に、現在の職場に満足しているが、新しいチャンスを探している潜在層にリーチできる点が大きな魅力です。

優秀な人材を採用するためには、自社の社風やビジョンを積極的にアピールしましょう。

2.知名度に左右されにくい

スカウトは、企業の知名度に左右されにくいことも注目される理由です。

企業の知名度に関係なく、候補者に対してダイレクトに魅力を伝えられます。

これにより、中小企業やスタートアップ企業でも優秀な人材を確保するチャンスが広がります。

スカウトメール3つの作成ポイント

スカウトメール3つの作成ポイント

スカウトメールの効果を最大限に引き出すためには、3つの重要なポイントがあります。

1.「個人」を意識する

スカウトメールでは、候補者1人ひとりに対して個人を意識したアプローチをするとよいでしょう。

具体的には、以下の2点を意識しましょう。

1.個人名を入れる

メールの冒頭に候補者の名前を入れることで、特別感を演出する

2.「なぜあなたなのか」を伝える

候補者のどの点に注目してスカウトしたのかを明確に伝える

個人に対して相手に刺さる魅力を伝えることで、特別感を演出でき、スカウト承認率が高まります

2.相手のことを書く

スカウトメールでは、企業の魅力をアピールするだけでなく、候補者にとってのメリットを強調することが重要です。

1.会社紹介は簡潔に: 会社の詳細情報は、リンクなどで補完し、メール本文では候補者にとっての利点を中心に述べる

2.詳細は企業の採用ページなどへ: 詳細な情報はリンクを利用して、候補者に読んでもらう工夫する

会社のことより、転職活動で不安な相手のことを書くことを意識するとよいでしょう。

3.次のアクションを明確にする

メールの最後には、次のアクションを明確に記載しましょう。

例えば、「ご興味がありましたら、ぜひ面談の日程調整をさせていただきたいです」と具体的な行動を促します。

【職種別】スカウトメール例文と作成のコツ

職種によって、スカウトメールの内容やアプローチ方法が異なります。

  • 営業職
  • エンジニア職
  • コーポレート(経理)
  • 接客
  • 介護・福祉職

ここでは、代表的な職種別に例文と作成のコツを紹介します。

営業職

営業職に対するスカウトメールでは、候補者の営業成績や顧客対応力に注目した内容が効果的です。

【スカウトメール例文】

件名

営業経験豊富な〇〇様へ特別なご提案

本文

はじめまして。

〇〇株式会社の採用担当をしております〇〇と申します。

この度、〇〇様のご経歴を拝見し、

ぜひ一度お話をさせて頂きたいと思いご連絡させていただきました。

理由としましては、〇〇社での〇〇のご経験から、弊社の成長に大きく貢献できる人財であると高く評価させていただきました。

以下は、弊社の会社紹介です。

■会社側の紹介

具体的な業務内容や福利厚生については、カジュアル面談にて詳しくお話させていただければと思います。

それでは、〇〇様のお返事を心よりお待ちしております!

作成のコツ

・相手の具体的な実績を言及することで特別感を出す

・会社やポジションの魅力を簡潔に伝える

・短くてシンプルなメッセージを心がける

エンジニア職

エンジニア職へのアプローチでは、技術的なスキルやプロジェクト経験を強調することが重要です。

具体的な技術スタックや開発環境の詳細を伝えることで、候補者の興味を引きやすくなります。

【スカウトメール例文】

件名

【特別スカウト】弊社のエンジニアとして活躍しませんか?

本文

はじめまして。

〇〇株式会社の採用担当をしております〇〇と申します。

この度、〇〇様のご経歴を拝見し、ぜひ一度お話をさせて頂きたいと思いご連絡させていただきました。

弊社では現在、貴方のような優れたエンジニアを求めており、特に【特定のスキル】に精通している方を探しております。

以下は、弊社の会社紹介です。

■会社側の紹介

弊社のプロジェクトで貴方のスキルを活かし、新しい挑戦をしてみませんか?

ぜひ、一度お話しできることを楽しみにしております。

作成のコツ

技術的な詳細や具体的なスキルを明確に言及。
プロジェクトや技術スタックについて触れる。
相手のプロジェクトや実績を具体的に褒める。

コーポレート(経理)

経理職では、財務管理や会計ソフトの使用経験などを強調しましょう。

企業の安定性や成長性などもアピールすると良いです。

【スカウトメール例文】

件名

【○○部長からのご招待】貴方の経理経験を活かしませんか?

本文

はじめまして。

〇〇株式会社の人事担当をしております〇〇と申します。

この度、貴方の豊富な経理経験とスキルに感銘を受け、ぜひ一度お話をさせて頂きたいと思いご連絡させていただきました。

弊社の経理ポジションで貴方のスキルを活かし、キャリアアップを目指しませんか

以下は、弊社の会社紹介です。

■会社側の紹介

詳細はカジュアル面談でお伝えします。

ぜひ、一度お会いできることを楽しみにしております。

作成のコツ

相手の経歴や具体的な実績を言及。

会社のビジョンや経理チームの魅力を伝える。

具体的なポジションや業務内容について触れる。

接客

接客業においては、顧客対応力やサービス精神を強調しましょう。

具体的な業務内容や職場環境の詳細も重要です。

【スカウトメール例文】

件名

【面接確約】あなたの接客経験を活かしてください!

本文

はじめまして。

〇〇株式会社の人事担当をしております〇〇と申します。

プロフィールを拝見し、貴方の素晴らしい接客スキルに感銘を受けました。

現在、弊社では顧客サービスを向上させるため、新たな接客担当を募集しています。

以下は、弊社の会社紹介です。

■会社側の紹介

貴方のご経験とお人柄を活かして、弊社のサービスに貢献していただけませんか?

お返事お待ちしております!

介護・福祉職

介護・福祉職では、職場の雰囲気やサポート体制、研修制度などをアピールしましょう。

候補者のやりがいを感じられるようなメッセージを伝えることが大切です。

【スカウトメール例文】

件名

【接客業】貴方の接客のご経験に魅かれました!

本文

はじめまして。

〇〇株式会社の人事担当をしております〇〇と申します。

この度、貴方の介護・福祉分野でのご経験に感銘を受け、ご連絡いたしました。

現在、弊社では顧客サービスを向上させるため、新たな接客担当を募集しています。

貴方の経験と人柄を活かして、弊社で活かしていただけませんか?

以下は、弊社の会社紹介です。

■会社側の紹介

貴方の経験と人柄を活かして、弊社でご活躍いただけませんか?

一度カジュアル面談にて、お話させてください!

作成のコツ

相手の経験や資格を具体的に言及。
会社の理念や提供するサービスの重要性を伝える。
誠実で真摯なメッセージを心がける。

良いスカウトメールを作る方法

良いスカウトメールを作成するためには、実際に現場で活躍している人からのフィードバックを取り入れることが効果的です。

活躍している現場の人に意見を聞く

現場の実情を知るスタッフにメールの内容をチェックしてもらい、言葉選びやトーンを調整しましょう。

リアルな声を反映することで、候補者により響く内容になります。

返信率や開封率を分析する

スカウトメールの効果を最大化するためには、送信後のデータ分析が欠かせません。

開封率や返信率を定期的にチェックし、改善点を洗い出してブラッシュアップを繰り返します。

ダイレクトリクルーティングのプロに見てもらう

プロの視点からアドバイスをもらうことで、より効果的なスカウトメールを作成することが可能です。

特に、ダイレクトリクルーティングの専門家に依頼することで、業界のトレンドや最新のアプローチ方法を取り入れることができます。

スカウトメールの開封率を上げる4つのタイトル

スカウトメールの開封率を上げる4つのタイトル

スカウトメールのタイトルはメールの開封率を左右する重要な要素です。

本章を読んで、スカウトメールの開封率を上げるタイトルの参考にしましょう。

  • 具体的な数字を出す
  • 相手の経験を記載する
  • 【面接確約】【非公開】などメリットを打ち出す
  • 役職者の名前を入れる

相手にとって魅力的なタイトルを付けることで、開封率を大幅に向上させることができます。

具体的な数字を出す

具体的な数字を示すことで、受信者の興味を引くことができます

例えば、

  • 「年収700万円以上保証!」
  • 「初年度年収650万円!安定企業の求人」

といった具合に、明確な数字をタイトルに含めると、受信者の関心を引きやすくなります。

相手の経験を記載する

スカウト文面に、相手の経験を含めるのも開封率を向上させます

  • 「営業経験豊富な中村様へ特別なご提案」
  • 「ITプロジェクトマネージャー経験を活かす新しいキャリア」

このように、相手の経験を直接的に記載することで、個別感を演出します。

【面接確約】【非公開】などメリットを打ち出す

タイトルに、開封するメリットを記載しましょう

  • 「【面接確約】あなたの経験を活かしてください!」
  • 「【非公開求人】エン転職限定の特別オファー」

このように、メールを開くことで得られるメリットを強調します。

「面接確約」や「非公開求人」など、受信者にとって価値のある情報をタイトルに含めることが重要です。

役職者の名前を入れる

役職者の名前を入れることも効果的です。

  • 「田中部長からのご招待」
  • 「人事部長杉田より重要なお知らせ」

こののように、役職者の名前をタイトルに含めることで、メールの信頼性が増し、受信者にとって重要なメールであると認識されやすくなります。

スカウトメール配信の注意点

スカウトメールを配信する際には、いくつかの注意点があります。

内容に合わせた人だけに配信する

営業希望の未経験人材に「営業経験を活かしていただけます」と送るのは避けましょう

適切なターゲットに配信することで、効果を最大化します。

深夜に送らない

深夜にメールを送ると、ブラック企業のイメージを与える可能性があります

常識的な時間帯に送信することが重要です。

スカウト返信率を上げる送付タイミング

スカウトメールの送付タイミングも重要です。

見てもらえる時間に送るだけでも返信率が上がります。

職種やポジション別に差がある場合は合わせて解説

職種やポジションによって最適な送付タイミングは異なるため、ターゲットに合わせたタイミングを見極めることが大切です。

スカウト配信の費用

スカウト配信の費用は、従量課金型や月額型など、さまざまなプランがあります。

また、配信やメール文面作成などを代行してくれるサービスもあります。

従量課金型

送信したメールの数に応じて料金が発生するタイプです。

利用頻度に合わせて柔軟に利用できるのが特徴です。

月額型

一定の月額料金を支払うことで、無制限にメールを送信できるタイプです。

大量のメールを送信する場合に適しています。

スカウト代行サービスの費用

スカウトメールの作成や配信を専門業者に依頼する場合の費用です。

プロによる効果的なアプローチが期待できますが、コストがかかる点に注意が必要です。

おすすめのダイレクトリクルーティングサービス

おすすめのダイレクトリクルーティングサービス

ダイレクトリクルーティングサービスは多岐にわたります。

ここでは、おすすめのサービスを5つ紹介します。

Wantedly(ウォンテッドリー)

Wantedlyは、仕事探しを通じて企業と求職者をつなぐSNS型の求人情報サービスです。株式会社ウォンテッドリーが提供しており、「共感」を重視したマッチングが特徴です。求職者は企業のオフィス訪問や社員との交流を通じて企業文化や働く環境を体験し、興味を持った企業に直接アプローチできます。単なるスキルや経験だけでなく、企業のビジョンや価値観に共感できるかどうかを重視した転職活動が可能になります。企業側も、求職者の人柄や価値観を理解した上で採用活動を行えるため、より長期的なマッチングを実現可能です。

Wantedlyとは? Wantedly新卒採用

AMBI(アンビ)

AMBI(アンビ)は、ハイクラス若手向けのキャリア支援サービスです。特に20代後半から30代前半のプロフェッショナルをターゲットにしています。エン・ジャパン株式会社が運営しており、求職者は厳選された求人情報にアクセスできるほか、キャリアアドバイザーによる個別サポートを受けられます。AMBIは、求人情報だけでなく、キャリアアップに役立つセミナーやイベント、転職成功事例などのコンテンツも提供しており、求職者が自分に合ったキャリアパスを見つけやすい環境を整えています。将来のキャリア形成に役立つ情報とサポートを提供し、ハイクラス若手の転職活動へのサポートが魅力です。

AMBI 若手ハイキャリア

エン転職ダイレクト

エン転職ダイレクトは、エン・ジャパン株式会社が提供する求人情報サイトです。企業が直接求人情報を掲載し、求職者とダイレクトにコンタクトを取れます。エン転職ダイレクトプラットフォームでは、企業と求職者のマッチングを強化するための詳細な求人情報や、求職者のスキルや経験に基づいた推薦機能が充実しています。また、企業が求職者に直接スカウトを送れるため、求職者は自身の市場価値を確認することが可能です。より効率的な転職活動を支援し、理想のキャリアを実現するためのサポートを行います。

エン転職ダイレクトとは?

dodaキャンパス

dodaキャンパスは、新卒向けの就職支援サービスで、学生と企業をつなぐプラットフォームを提供しています。パーソルキャリア株式会社が運営しており、学生は自分のプロフィールや希望条件を登録することで、企業からのオファーを受けられます。さらに、企業との面接調整やキャリアアドバイスも受けられるため、就職活動をスムーズに進めることが可能です。企業側も優秀な人材を効率的に見つけることができるため、双方にとって大きなメリットがあります。これにより、学生の就職活動を全面的にサポートし、理想のキャリアスタートを実現します。

dodaキャンパス

Forkwell jobs

Forkwell Jobsは、ITエンジニアやデザイナー向けの求人情報サービスで、エンジニアコミュニティを基盤にしたリクルーティングプラットフォームです。株式会社groovesが提供しており、企業がエンジニアやデザイナーを直接スカウトできる機能を備えています。求職者は自身のスキルやプロジェクト経験をアピールするプロフィールを作成し、企業からのオファーを受け取ることが可能です。また、Forkwell Jobsでは、求職者と企業のミスマッチを防ぐため、詳細な企業情報や求人情報を提供し、転職活動をサポートします。これにより、専門職のキャリアアップを支援し、理想の職場環境を見つける手助けを行います。

しかし、採用難易度が高まっている現代において、自社のみで運用するのは限界があります。

効果的なスカウトは運用代理店に相談しましょう

Kaiketsu株式会社_スカウトLP

ダイレクトリクルーティングは、企業が積極的に優秀な人材にアプローチするための有効な手法です。

特にエンジニア採用においては、ターゲットに対してパーソナライズドなアプローチが求められます。

スカウトメールの内容を工夫し、適切なタイミングで送信することで、返信率や開封率を向上させることが可能です。

Kaiketsuでは、効果的なダイレクトリクルーティングの運用実績があります。

採用にプロのアドバイスを取り入れることで、さらに効果的な採用活動を展開することが可能です。

無料相談はコチラ

Kaiketsuの無料相談