BIZREACH(ビズリーチ)とは?

Kaiketsuのダイレクトリクルーティング

BIZREACH(ビズリーチ)で中途採用する方法?メリットなどを解説

 

「即戦力が欲しい」

「有効応募がとれない」

このようにお悩みの人事担当者も多いのではないでしょうか?

採用手法が多様化している現代では、企業に合った最適なサービスを選択しなければ、優秀な人材を確保するのは難しいです。

本記事では、優秀な人材の獲得に特化しているBizReach(ビズリーチ)の中途採用について解説します。

即戦力が欲しい企業やBizReachのサービスが知りたい人事担当者は、ぜひご覧ください。

Kaiketsuの無料相談

BizReach(ビズリーチ)とは?

BizReach(ビズリーチ)とは、株式会社ビズリーチが運営する日本最大級のスカウトリクルーティングサービスです。

このサービスは、転職意欲の高い人材が多く登録しており、即戦力人材を採用したい企業に向いています。

236万人以上の即戦力人材が登録しており、積極的に転職ツールとして活用している人材が多いため、スカウトメールの返信も来やすいのが特徴です。

また、累計28,900社以上の企業が導入しており、注目を集めているサービスになります。

参考:BizReachビズリーチ)

BIZREACH(ビズリーチ)のメリット4選

本章ではまず、ビズリーチのメリットについて4つ紹介します。

  • ハイクラス層や即戦力人材の採用ができる
  • プラチナスカウトを送れる
  • 採用コストや工数の削減
  • 全国規模でも採用可能

ビズリーチの効果的な運用を検討している担当者は押さえておきましょう。

ハイクラス層や即戦力人材の採用ができる

ビズリーチは、ハイクラス層や即戦力人材の採用に特化したサービスです。

審査基準は公表されていませんが、ビズリーチの審査に通過した優秀な人材が多く登録しています。

そのため、業界経験やスキルのある人材を獲得できるチャンスが生まれるでしょう。

プラチナスカウトを送れる

自社が特に採用したい求職者には、特別なスカウトを送れます。

プラチナスカウトとは、企業側が採用したい求職者に向けて送る面接・面談の確約メールです。

送れる数に制限があるため、注意して送信する必要があります。

プラチナスカウトは、通常スカウトのメールに比べて開封率が高いです。積極的に活用しましょう。

採用コストや工数の削減

自社に合ったプランでサービスを開始することで、採用コストや工数を削減可能です。

ビズリーチには4つの料金プランがあり、自社の採用状況に応じて料金プランを使い分けられます。

特に、ハイクラス層の人材を確保したい企業は、人材紹介会社を利用するよりも安価に採用できるケースもあります。

運用代理店では料金のシミュレーションも行っています。採用コストが気になる方は聞いてみましょう。

お問い合わせはコチラ

全国規模でも採用可能

首都圏での採用だけではなく、地方での採用もできます。

ビズリーチは、全国どこでも求人掲載ができ、地方で就職先に困っている優秀な人材にも認知してもらうことが可能です。

首都圏の企業でも、地方人材に効果的にアピールすることで、優秀な人材を獲得できるでしょう。

BIZREACH(ビズリーチ)のデメリット5選

本章では、ビズリーチのデメリットについて解説します。

  • 登録に時間がかかる
  • スカウトメールが埋もれがち
  • 求人別の開封率しかわからない
  • 他のアカウントで確認できない情報がある
  • 類似の求人票を出せない

ビズリーチの運用を考えている企業は、デメリットもしっかり押さえておきましょう。

登録に時間がかかる

デメリットとして、サービス登録に時間がかかることが挙げられます。

ビズリーチでは、求人票の掲載ができますが、求人票の承認に要する時間は1〜2営業日です。

そのため、ビズリーチの利用を開始する際は、数日ほど余裕を持たせておくとよいでしょう。

スカウトメールが埋もれがち

通常のスカウトメールを送信すると、メールが埋もれてしまう可能性があります。

特に、優秀な人材は他企業からも多くのスカウトを受け取っています。

そのため、プラチナスカウトを送ったり、一人ひとりに合わせたメールを送信したりと、他社との差別化を図ることが重要です。

求人別の開封率しかわからない

ビズリーチの求人は、求人別の開封率しかわかりません

求人別の開封率の情報だけでは、求職者が求人内容にどれだけ関心を持っているか予想するのは困難です。

たとえ多くの求職者が求人メールを開封しても、それが実際の応募や面接へとつながるとはいえません。

そのため、企業が注力すべきは開封率を高めることではないのです。求職者と接点を持つ方法を模索し、応募へとつなげる戦略を立てる必要があります。

他のアカウントで確認できない情報がある

ビズリーチでは他のアカウントからスカウトを送っている場合は、内容を確認できない情報があります。

企業内で複数のアカウントを使ってスカウトを送った場合、他のアカウントと連携して情報や行動履歴を共有しておきたいものです。

しかし、ビズリーチでは、他アカウントから求職者に対して過去にスカウトを送ったかどうかは確認できますが、いつ何のポジションでスカウトを送ったかが確認できません

そのため、企業内のツールなどを使い、メモとして残しておくとよいでしょう。

類似の求人票を出せない

類似の求人票を出せないことは、懸念点として挙げられます。

たとえば、異なる地域で同様のスキルを募集している場合、企業は各地域別に異なる求人票を作成する必要があるため、作業工数が増えてしまう可能性があります。

そのため、求人票の作成の作業工数を減らしたい企業には、運用代理店の利用もおすすめです。

BIZREACH(ビズリーチ)の料金

ビズリーチの料金プランは、スタンダードとプレミアムがあります。

ビズリーチの料金プランは以下のようになります。

プラン利用期間プラチナスカウト基本利用料
スタンダード6ヵ月400通85万円
12ヵ月800通153万円
プレミアム6ヵ月800通140万円
12ヵ月1600通252万円

 

自社の採用ニーズに合わせて、利用プランを選択しましょう。

BIZREACH(ビズリーチ)を運用するコツ

本章では、BIZREACH(ビズリーチ)を運用するコツについて解説します。

  • 転職意欲の高い候補者を見つける
  • 採用方針を決める
  • スカウトのテンプレートを作成する

BIZREACH(ビズリーチ)を効果的に運用できれば、無駄な予算を抑えた人材の獲得が期待できます。

サービスの導入を考えている人事担当者様は必見です。

転職意欲の高い候補者を見つける

ビズリーチを運用するコツは、転職意欲の高い候補者を見つけることです。

離職中や会社に不満がある求職者は、すぐにでも就職したいと思っている傾向にあるため、積極的にアプローチすることで興味を引けます。

採用方針を決める

自社が採用したい人物像や予算など、採用方針を決めることも重要です。

企業内で採用方針が一致していないと、理想の人材を獲得できなかったり、予算が肥大化してしまったりする可能性があります。

そのため、事前にペルソナの選定や採用予算の設定を行いましょう。

スカウトのテンプレートを作成する

スカウトのテンプレートを作成することも、有効な手段の1つです。

同じ業種やポジションの採用なら、すべての文章を変える必要はありません。

候補者に合わせて必要な部分だけ変更を行うことで、メール作成の工数を省けます。

しかし、採用に最適なテンプレートを作成するには、これまでの採用データを分析し改善しなければなりません。

社内のリソースで、スカウト文の作成に注力できない企業は、代理店の利用がおすすめです。

【まとめ】BizReach(ビズリーチ)の運用はKaiketsuまで

BIZREACH(ビズリーチ)

本記事では、BizReach(ビズリーチ)のメリットやデメリット、料金について紹介しました。

ビズリーチは、効果的に運用すれば優秀な人材を確保できるだけでなく、採用工数を減らすことも期待できます。

ビズリーチの運用でお困りの方には、Kaiketsuの運用代行を利用するのがおすすめです。

「Kaiketsu」は、人材事業やWeb事業などさまざまな事業を展開する株式会社DYMのグループ会社です。

主に採用マーケティング事業を行っており、ビズリーチの運用代行においても数々の実績がございます。

高いノウハウを持った採用コンサルタントがお客様に寄り添い、ビズリーチの運用効果を最大限引き出します。

無料相談を受け付けておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

おすすめの記事:

ダイレクトリクルーティングとは?

AMBIとは?